SNSの運用について ~D&A通信 2015年5月号

最近ではSNSを活用している方が多いと思います。SNSで代表的なのは、フェイスブック、ツイッターです。両方とも使っておりますが、それぞれ特徴が違います。その違いを解説します。

 フェイスブック  ツイッター
特徴 ◆実名で利用
◆いいね!・コメント・シェアで交流
◆文章・写真・リンク・動画など様々な投稿
◆実名登録しなくてOK
◆リアルタイム性がある
◆ハッシュタグ、リツイート機能で拡散
友達の
増やし方
◆実際にリアルで会った人とつながる
◆フェイスブックのコミュニティに参加する
◆実際にリアルで会った人とつながる
◆共通の趣味がありそうな人をフォローをする
メリット ◆自己ブランディングが可能
◆知り合った人とゆるく繋がれる
◆共通の趣味などで仲良くできる
◆実名でないので、本音が書ける
◆全国の人、団体と交流
◆仲良くなったらオフ会をしてリアルで交流できる
デメリット ◆フェイスブック乗っ取り
◆見知らぬ人を気軽に友達承認をできない
◆アフィリエイトツイートや迷惑ツイートが多い
◆本音が書けるので、内容によっては、トラブルになる

所見 ◆実名で出来るので、交流会などで知り合った人と仲良くできる ◆一方的な情報配信が気軽に出来る
◆全国の人とリアルタイムで気軽に交流できるので、人脈が広がる

私はフェイスブック&ツイッターは両方使っております。
今では、フェイスブックがメインですが、ツイッターは過去に恐ろしいほど使っていた時代があります。私が体験した実際の事例を下記に。

◆ツイッター事例
共通の趣味の人達とツイッターで交流を毎日して、ものすごく仲良くなり、リアルでオフ会をしてさらに仲良くなりました。地方に旅行に行く際は、その地方にいるツイッター仲間に連絡してオフ会をしました!なんと、ツイッター婚が何組か生まれました!

◆フェイスブック事例
飲み会の写真ばかりフェイスブックにあげていたら、自分が主催の飲み会に誘うと最低10人は集まるようになりました。
フェイスブック友達には、私の本業がイベントビジネスだと思っている方が多いです。

★フェイスブック&ツイッターの運営のポイント
・「継続性」「内容の一貫性」
・「ネガティブ情報を書かない」「人に見られていることを意識する」
・「営業的な内容を書きすぎない」「プライベートも見せる」